スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見たかったアニメ 

大江戸ロケット

何故に私の見れない放送局ばっかなんだ、、、orz
少年陰陽師といい、これといい。

あげくはこれ

鉄子の旅

けっ!見れるわけがねぇ!!!

ぐれちゃいそう、、、orz

指定バトン『ワタル』 

ひ、聖部さんからバトンを貰っておいてそのまま放置してました。
えぇ、確かこれかなり力を込めて回答して確か何かが起こって全消しが起こったのです、、、(遠い目)


■「指定型バトン」のルール
・廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。
・また、廻す時、その人に指定する事。

■最近思う『ワタル』
ブレイブストーリー?(笑)
いや、真面目に申しますと「ワタル7」がいつ始まるのかと、、、。

■この『ワタル』には感動!!!!
普通に「ワタル2」の愛探しかな?
子ども心にわかりやすく響いたのは海火子の話とヒミコの話。
んで今でもジーンとよくわからない感動をもたらすのはやっぱり主人公ワタルの愛探し。未だにあれよく理解してないのだけれどなぜか胸に迫るのです、、、。

■直感的『ワタル』
広井王子氏が書かれた小説。あれは本当に直感的だと。
井内監督が考える『ワタル』なら原案者広井氏が描く『ワタル』は感覚的であると私は考えている。

■好きな『ワタル』
おもしろかっこいい主人公なワタルくん。
・・・ぶっちゃけ初恋と言ってもいい。

■こんな『ワタル』は嫌だ!
・・・。あえて言うならオカマなワタル?
確か「超ワタル」のCDドラマでそのネタがあったはずだけど私は「超ワタル」のCDドラマを根こそぎ持っていない、、、(その前の「ワタル3」とかのCDドラマは持ってるのだけどね)

■この世に『ワタル』がいなかったら・・・
今、私は生きてない。
しかもオタクにもなっていなければ今の大学さえも通ってない。
あ、間違い。オタクには多分なってたけどベクトルが全然反対の方向のオタクになってた。機械とか理系の方に完全に走ってたね、きっと。

■次に回す人、5人(『指定』付きで)
めーちゃん 『舞台』
聖部さん 『ワタル』で返してもいい?(笑)
さやさん 『ドイツ』ちなみにハイエドを絡めても絡めなくても可。
ISOBEさん 『ひっつん』うふふ。
とつさん 『タイラー』でよろしく。

やった、5人埋められた!

ポケモン~~~!!! 

マジで本気で

主人公交代かと思って必死で久々に見ちまったよ



よ、よかった、、、
サトシもピカチュウもいなくならなくて、、、、(感涙)

ひとまず、学友Qと来週はこれで一緒に騒ぐデスよ。


あぁ、でも今回のヒカリさんだっけ?
なんだかサトシとめっちゃかぶってるんだよねー
例えば神というか伝説のポケモンと遭遇!なんていうのが、、、。
確かサトシも旅立ちの日にファイアーだっけ?炎系の伝説ポケモンを見てたはず、、、。<Qさまからサトシがであったのはホウオウだ!!!っていうお叱りの拍手がきました~~~そっか、ホウオウか。
ってこんなこと、今ポケモンを見ている子どもたちは誰も知らないからいいのか。

ともかく。
久々にヒロシとシゲルが見れて私は大変うれしゅうございました。

ぼくらのウォーゲーム! 

すごかった。
しかし、なんだね。あの時の感動とはまた一味違う。
シナリオは、正直に「あはは」
いや、パソコンに詳しくなってしまった現在ではあの子ども時代に見たときの「すごい!」っていうのがやっぱりなくなってしまう。
それよりも凄かったのは。

画質クオリティ。

前回、デジモン02を見てシャンバラすげぇって書いたけど。
これもなかなか。
観ていて気になる崩れ方はしていない。
それにやっぱり何度でも「ぷ!」と笑えるのは健在。
ちょっとDVDが欲しくなりました。
あと、エンディングなのですが当時ピアノで妹が弾いていたのを思い出し。
弾きてええええええ!と発狂しそうに。
あれ、すごく伸び伸びしつつ早いところはすごい流れていくから。
あれを弾ききったときの快感はなんとも言えない。
いっそのこと、カラオケでもいい。あの歌、歌いたい!

2回目の、つまりラストウォーゲームだったんだけれど。
すごいことになってました。
20分前に映画館に戻ると、、、そこには。
人の列!
何これ、何これ!!!
ちょっとシャンバラもこうだったの!?と私かなり驚く。
女の子、、、というか女性が多かったんだけれどその中にまぎれるようにして男性が。
・・・どうかんやまきかくさんじゃないかな?と少しドキドキ。
とにかく、玄人的な男性の方々が単独で来てらっしゃいました。
本当にすごいなぁ、それだけこの作品が愛されてるんだと思うと一ファンとして誇らしく思えたり。

席に入るとそこはまた、すごかった。
劇場が大体埋まってるのです。
真ん中の席はほとんど、左右の席も一列に一人ぐらいの割合だけど埋まってる!
すげぇ!ちょっとシャンバラより入ってるんじゃないの?と不安になる。
そこは、ほら。私はシャンバラ大好きですから。
今の私の中じゃ不動の一番ですから。


今回は特に妨害もなく。
静かに見れましたが、みんな同じところで笑う。
結構大きな声で笑ってましたが、私はそれが嬉しかった。
というか、みんな笑うところが同じっていうのがすごい!
なかなか、そういうのってないと私は思う。

しかし。
やっぱりというか、ちょっとだけ内容が臭かった(笑)
いや、私ジョグレス進化の時に世界中の子どもたちのメールがデジタマみたいになるっていうのは覚えていたんだけど。
・・・そこから人影が出てくるっていうのはさすがに覚えてなかった。
うわああああ!なんだかこういうの、大きくなってからトラウマになりそう。だって、覚えてるんだもの、自分がこのシーンで感動してたっていうことを。
ちょっとザワザワと来ました。
あー、でもやっぱり光史郎はいいね!私、光ちゃん大好きだ!

キャラの描き方が本当にうまかったなぁ、、、とこれを観て思いました。
現在の子どもをかなり描写できてるなぁと。
私は、もう当時「こんな子ども、本当にいるの?」と疑問に思っていたんだけど(それはただ単に私が田舎者で、そしてあのHパパンとRママンに育てられたために現代っ子とは違う進化を遂げていたためでした)今、見たら納得だよ。
幾分、都会の方に出てきてボランティアで小学校のイベントに参加したりして実感しました。
・・・いやぁ、マジで凄いなぁ。
当時あの人数は多すぎるんじゃないかって思ってたけど。
はああああ、凄い。
もう、文章にするのが億劫なくらい凄いとしか言いようがない。


しかし、なんで一緒にディアボロモンの復讐をやってくれなかったかな映画館。
夏のデジモン02も確かにいいかもしれないけど春の映画と組み合わせるなら春同士がいいよ!!!
私は「ぼくらのウォーゲーム」に続き「ディアボロモンの復讐」を続けて観たかったよ、、、、、。

続お台場冒険王へのみち 

意地でカテゴリーはワタル。

えー、悲しいお知らせです。
先ほどブログに書いたものは実行できないみたいですがな。


「前売りはありません」

電話までして聞いちゃったよ。
インフォメーションのお姉さんは容赦なかったよ。
うふふふふふ。
私も容赦なく、すぐさま電話を切ったけれどもね(酷)
だって何分間だったか忘れたけど20円かかるんだもの!!!

ところで、やっぱり昨日のことを引きずってちょっとかなり気分的に悪くなったので(爆)ブレイブは諦めました。
うん、だって明日は祭りだしね。
明日のためにお金も体力も温存しておくことにしました。
つーか、この頃家族とコンタクトを取るといっつも気分が悪くなってる気がする、、、。
妹Nの受験のせいか???(来年受験する予定の人)


イーバンクからやっとお金を引き出して明日に備えての軍資金を用意。
おまけにちゃんと細かく崩してきた。そのためにありえないくらい私の財布は重くなっています、、、(遠い目)

明日はさっさと行ってさっさと買って、帰ろう。
途中で東急ハンズとかに寄ってキセルを見てこよう。


あー、もうすぐ夏も終わるねぇ、、、、

明日の買い物リスト
どうかんやまきかくさま
デジモン逆ロケハン本2冊
「ARE」様 (配置場所: 東地区「I」11a)

破戒領域さま
「カルナヴァル」と「男子の本懐」、「ジル・ド・レの生贄」
東3ホール"A"84b 

MEGA LOSTさま
Honey Come!とVanites
東ク38a

ALMAGESTさま
「私生活」と「きみをこえて」
東3 ク16a

チェリームーンさま
「かりそめのGarl’sLife」と「エルリック家」
東3ク16b

M吉部屋さま
「東方錬金録」
東3A66a

紫宸殿・197Au Kreisさま
「樹海の一縷」
東3 A86
ここは、並ばないと、いけないんだろうな・・・・(泣)

万恒河沙さま
「Crimson Blood」アルエドアンソロ
東3 ク15b

あやうく今回のコミケに行く一番重要な事項を忘れそうだったよ。
そうだよ、このアルエドアンソロが出るってんで私は行くことにしちゃったんだよ、、、(遠い目)
しかし、見事にアルエドだらけだ。ハイデリヒはいずこ?
まぁ、ハイデリヒはハイデオンリーイベントがあるから、、、その時。
ちなみに鋼関係だけで5500円。デジモンはいくらの本なのかわからない。
銀行、寄ってから行かないとな、、、(涙)

ひとまず、これだけ確認しておけばあとは大丈夫かな。
あとは知人に発見されずに速やかに撤収し、家へ帰ってうはうはするのだ!
うっはうっはするのだぁあああああ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。