スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーテンダー 

「あー、、、えと。んでオレは何でここにいるわけ?」
先輩錬金術師のロイ・マスタングにオレは半ば拉致されるようにこのバーにつれてこられた。
バーの名前はマスタング。
ロイ・マスタングの祖父が経営しているバーである。
老いてからの道楽として始めたバーらしいが、孫であるロイ・マスタングが研究の傍ら、バイトとして働き始めたときから女性客が引きも切らずになり、それなりに繁盛している。そんなバーだ。
先日、店で中心的なバーテンダーだったハボックという青年が女性に振られたとかで出勤ができない自体に陥ったらしい。
その話はロイから聞いた。
しかし、なぜそれで自分がここにつれてこられるのか?それがエドワードには理解できなかった。

「おい!説明しろ!」
そそくさとソムリエ・エプロンを腰に巻き付けてきゅっとしばった。
「お!ぶふ」
声をあげようとしたエドワードの顔に黒い布が覆いかぶされた。
「それをさっさとつけろ。」
「あ?エプロン?」
それは先ほどロイが腰につけたものと同じ、ソムリエ・エプロンだった。
「そうだ。はやくしろ。店はもうすぐ開店だ。」
ロイはロッカーの扉についている鏡を見ながら髪の毛をアップにする。
そして油で押さえつけていく。
「な!だから、さっきから話が見えてねぇっての!」
「今日、お前は私と一緒にこの店で働く。以上」
「はぁ?!誰がそんなこと、決めたんだよ!!!」
「私だ。」
そういいつつ、ロイはロッカーの中に入っていたベストを取り出しさっと身につけた。その一連の作業はすばらしく様になっている。
だが同性のエドワードにはそんなもの、なんの意味もなかった。
「はぁ?!」
エドワードは納得のいかない!という顔で声をあげる。



というような話をもんもんと。もんもんと。

エドが、バーテンダーだったら。
わしは萌えつきると思う。

ただそれだけ。
前に書いただろうか?ある人にちょっとすごいバーに連れて行ってもらったことがある。
そこにいたバーテンダーのお兄さんがめちゃくちゃ好みだったわけです。特にシェイカーを使う様は、、、はふはふはふ。
もし、もしもエドがそのシェイカーを振っていたら。
わし、もうあははんとなっただろう。

という、それが元。

薄暗い中、金の瞳が光ってカクテルを差し出してきたら。
あなたはそれを拒む勇気はあるか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/676-b074a15f

お客様の前でもOKな、胸当てつきエプロンMa

3~5営業日で発送*詳しい納期・在庫状況を知りたい方は、電話、メールにてご連絡下さい。【ココがポイント!】「誰にでも簡単にワンランク上のお菓子作りを楽しんで欲しい」料理研究家である藤野真紀子さんの思いをカタチにしました!胸当てつきのエレガントなデザイン♪ス

  • [2007/09/07 06:43]
  • URL |
  • エプロンをあなたに捧げます |
  • TOP ▲

男女兼用エプロン (ソムリエタイプ)

●着丈約80cm・ハコ約26×33×3cm●ポケット付き●ポリエステル65%・綿35%●日本製・ ど・ど・ど・鈍器~ 鈍器放って~♪(逃走)・ 【韓国/アニメ】技術はあっても創作力はない・・・アニメ分野での”万年下請け”から脱出なるか[08/14]子供・■・エプロン売ってない?

  • [2007/08/18 06:58]
  • URL |
  • エプロンをあなたに捧げます |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。