スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シティに行きそびれたよ、、、 

えー、昨日はすぐに睡眠に入りたくて寝る薬を飲んだのですが。
えぇ、ちゃんと起きれましたよ?
でもね、うん。
ぶっちゃけ、女の日になりましたのですよ。
まっかっかですよ。
来るの、遅いなぁ、、、とは思ってたけど。
なんでよりにもよってさ、、、。
んで、この寒さ。
身体、動きませんでした、、、。
布団から脱出不可能でした。
そうして二度寝してしまい、起きたのは12時。
うん、今すぐ用意すればいいけど、、、でもお外寒そうですよ。
薬を飲んでこたつで腹をあたためる。あたためるとですね、薬の効きが早くなるのです。
んでやっと行けそうになったのは1時。
でも思った。行ったら既に撤収かな、、、それに鋼サークル(アルエド・ハイエド)さん少ない可能性も、、、(オンリー近いしね)
んで、行っていると考えられるSさんにメール。
「鋼サークルはいっぱいいらっしゃるのかしら、、、?今から行こうと考えちゃってる愚者です」
「おいでよーみんないるよー!」
最後のとどめ。
「本、買っておくよ?どこのサークル?」
「アルエド!アルエド・ハイエドの冬新刊!!!」
Sさんは生粋のハイエド者です、、、。ずびばぜん、一言目がアルエドで。ぶっちゃけハイエドは あ な た のお話だけで充分配給されてるから、、、!(笑)
特にSさん曰く神さまのあの同人誌を読んでからはあれをリピート再生してる状態なのですよ、この人。
まぁ、欲しいところはあるのですがこの人、実はサークルさんのお名前を覚えておりません、、、
絵柄とサイトの有無でしか把握してないのですよ、、、orz
本は結構そこそこというかかなり溜め込んでいるのですけど、、、。
いるのですけどねぇ、、、ははは。
作家のみなさま、本当にごめんなさい、、、!
唯一覚えてるというか名前を把握してるのは
「魔神英雄伝ワタル」を過去にやっていたあのお方とあのお方とんでブロガーメンバーだったり(爆死)
・・・だって、今のサークル様ってどう読めばいいかわからないアルファベット多いのだもの、、、!
ローマ字読みしかできない私にどーすれと。しかもこの人、英単語&カタカナを覚えられないのは折り紙付きのような人ですぜ?
・・・お願いだ、うちのサークル「夢見堂」のように漢字にしてくれ、、、もしくは短いサークル名にしておくれ、、、(身勝手)
とにかく、咄嗟にわからず出た言葉でした、、、。
本当にごめんね、Sさま。
ちなみにSさまと共通で好きなハイエドサークルさまの本を一冊買っておいていただきました!
ありがとうございます。この一冊でどうにか二月まで乗り切ります、、、!二月になったら兄弟オンリーでアルエドとハイエドを買い捲るさ!(アルエドやってる人はハイエドもやってることが多いのさ)

さて、本と確保していただくとなった私は現金なやつですから行くことにしました。
イベントのアフターにみんな集まるってのをS・Rさんから聞いていたしね。紛れ込んじゃえという魂胆ですよ、ほほほ。
でも、あまり激しく動けない私はバスを使用することに。えぇ、あの遅延なんて日常茶飯事。絶対に時間通りに運行してくれないバスですよ。
あはは、案の定5分遅れでしかも駅周辺で渋滞につかまる。
あー、今急行が、、、、そんな風景をバス車内から見つめるのは本当に嫌なものです。
んで、二子玉川で一端下車後国際展示場に向かうかそのままアフター先に向かうか電話で聞いた。
「・・・もう撤収なんだ、、、、今どこ?」
うふふ、やっぱりなぁ、、、(遠い目)ここで現在地を言ったら呆れられた、、、。あははははは
結局アフター先に直接向かう。
予定よりも5分くらい早く到着してコンビニで携帯灰皿を購入。
これで今度からはどこでもキセルが吸えます。いやね、キセルは灰だけなのですけど、それでもそこらへんで捨てるのにやはり抵抗がありまして。
コンビニから出たらなぜかそこに重そうな袋をそれぞれに持った人々が。
「あ」
「あ」
ちなみに、私がその灰皿を購入している間にメールやら電話をいただいていたが全然気づかなかった。
ちゅびばぜんでした、、、。
合流後、今まで行きたくても行けなかったドイツ居酒屋へ!
いやったー!と一人頭の中でお祭りでした。
しかし、そんな店の雰囲気を満喫しないで一人黙々とSさんが購入された本を読む私。
「今から世界に入ります。会話には参加しません」宣言して。
あーた、一応最年少でお姉さんたちに対してそれどーよ?!と思われますが、必死だったのです。
ここで脳内にコピーしておかないと私の気が狂う。これで大学始まったら絶対に試験乗り越えられない!!!
本を読み終わって至福に浸りつつ料理に手をつける。
料理はすごくおいしかったです!まぁ値段もかなりのものですからね、それなりのものは食わせてくださいよ!
みんなでポカーン!値段でびびった、、、。
冬コミ&シティで使う予定だったお金がまるまる残ってしまった私は一応払えました。よかたですよ、、、
あと、ここでS・Rさんにななな、なんと軍服の襟につけるピンバッチを頂いてしまいましたよ!!!
うきゃ~!いいんですか?ねぇ、いいんですか?!
「えぇ、軍服エドv」
ここでも等価交換の法則が、、、!
がんばりますよ、「青い鳥」(某ゲームの略?)のエド。
というわけで、夏あたりに本当に金髪になっていたら笑ってください。
さすがにウィッグでポニーテールは難しいですよ。
それ、やるならもう一個それようにウィッグを購入するか地毛でやるしかないですよ、、、。
・・・ぶっちゃけどっちもお金の値段は同じようなもんですよ、、、
ここで一人で軍服さみちぃ!ってことでご一緒だったlさんにも「軍服v」とモーションをかけました。
あと、このお店ではパンも販売していて一個90円のパンを種類別3つ購入。うふふ、明日のごはんv
あと、お店からドイツのチョコをお土産としていただく。
・・・。・・・・・・・・・・・・。
また、チョコ、、、。
思い出したのはHパパンが買ってきたベルギーのチョコの山。
まぁ、これはドイツのチョコですよ。
Sさんの小説を思い出しながら口に運ぶデスよ。
そして萌え萌えしながら妄想ですよ。

二次会はいろいろと歩き回った末、日本居酒屋。
ここでやっとしゃべりだす。
SさんとS・Rさんがしゃべってるのに茶々入れたり(ごめん)M姐さんとJ姐さん、それにY・E姉さんが話しているハボロイとかを聞いたりとなんとも贅沢なことをしてきました。
あと、ネタとして「夢○○○○」という焼酎を飲みました。
焼酎なんてぶっちゃけウーロンハイで根をあげてるようなお子ちゃまな私には、、、と思いつつもウィスキー飲めるようになったんだからと。
えー、お湯割りにしてもらったんですが。
うーわー、お湯割りって香りがすばらしいね!
うまうまですよ!
・・・。
・・・・・・・。
この頃、本当に酒が好きになってきているような気がしてならんよ。
店で働いていたときは、「お酒、苦手なんです~v」とか言って乾杯だけお付き合いしてた程度だったのに、、、。人間変わるねぇ、、、。

あと、なんだか口走ってはいけないことを口走ったような気がする。
が、まぁそれはM姐さんにだけ言ったことだし姐さんさえ忘れてくれればなかったことになるので。忘れていただけることを願う。
あと、なぜかハボロイを語ってみた。私の好きなハボロイを。
そしてM姐さんの本を買わせていただくことに決定しましたよ!
うふふふ、たのちみ。
あと、M姐さんがハイエド本を出しているということを今日始めて知った。悔し涙を流した。それも今度頂く。というか買わせていただけなかったら多分だだ捏ねてでもがんばっちゃう(何を?)
しかしね、、、私はハボがかわいくてかわいくてしょうがないのですよ。ハボは受けだと思ってるのですよ。
まぁ、体格とかあるからハボが上でもいいのですけど。
できれば下で呻いて欲しいのですよ(爆)
しかし、ロイもなまめかしいっていうか色気がね。ハボよりも上なのですよ。困るですよ。
んで私の中で成り立ったのはロイハボ→ハボロイなのです。
つーか、ロイがハボに手取り足取り教えるのです。
入れ方から男の気持ちのいいとこやら何やらを実地で教えるのです。んで、ハボを誘うのですよお色気ロイさん。ほれ、今まで教えたことをやってみろってね。
ロイは乱暴なことされるのが好きっていう設定も好きだけどそれだとエドと被るから却下(謎)。なのでロイさんは気持ちいいことを徹底的にやりたい主義でっていうのがなぜか私の中でできあがってるのです。
最初にハボがロイをがばんちょ!じゃハボがロイを気持ちよくさせるなんてなぁ、、、できるかね?と。これが上司からだったらロイは我慢しますけど部下であるハボに対してはね、、、強気な女王様で。
なーんていうのを書いているお方はいらっしゃらないかしら?とM姐さんに聞いたがリバは知ってるが、、、というお答え。
・・・。
・・・・・・・。
書くしかないかなぁ、、、(遠い目)
しかし、多分私じゃロイの性教育シーンを描くのが甘くなっちゃうだろうしなぁ、、、。大人なお付き合いってのはあんまりしてないからねぇ、、、自分自身。というか自分の経験をネタにといったらぶっちゃけハイエドでもアルエドでもロイハボでもなく
ロイエドなんだけどなぁ、、、、、、(爆)
いや、うん。一回だけ、付き合ったことのある彼氏がいたのですが。彼との身長差はまるっきりロイとエドだったんだよね、、、。それに年齢も彼の方が年上(あ、でも一回りも上って訳ではないですよ?)で関係も、どっちかというとドライでね。ドライ過ぎて別れもすんなりだったなぁ、、、、。って話逸れた。
しかしロイハボ→ハボロイにまで私が行きつけるとは思えないしな、、、。きっとロイハボで満足してしまいそ、、、(笑)
だってハボロイはあふれてるんだもの、、、!なぜないの、ロイハボ!
きいいいいい!
って思ってるのだけど、M姐さんには多分ロイハボ→ハボロイってのしか伝わってない気がする。私は話すのが苦手だから、、、。

あとS・Rさんのお話が興味深かった。
あー、そういう解釈がっ!ていうのがすげぇの。
ハイデリヒとエッカルトが二人とも同じ場所で死んでいて、そして同じく一発の銃弾で死んでいるっていうところから出てくる罪と命の平等っていうのがうわぁ、、、と。それからハイデリヒの骸にエドが駆け寄れなかった理由とか。
私は考えつきもしなかったさ。

私はS・Rさんのその考察に触発されてちょっと考えてみたが結構どころかかなり長くなったので別記事として上げることにします。

みなさま、今日は本当にありがとうございました。
また一緒にお話してくださいね!!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/503-efde2854

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。