スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の夜明けに 

かんぱーい!
そう言ってグラスを高々と掲げる先には
一筋の光
グラスの中に光があるように
その瞬間見えたのだ

その光をたたえたまま、
飲むあなたを
僕は呆然としながら
見ていたのだ

飲み干したあなたは
光に祝福されているように
見えたのだ、、、

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/494-6803fb3f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。