スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学図書館 

マジ、やべぇ!!!
楽しすぎる!!!
あそこにいたら、私余裕で眠気が吹っ飛ぶんだけど(笑)
正直、授業受けているときよりも私の脳みそは活性化されます。
本がいっぱいあるだけで興奮状態。
・・・どこまで本が好きなんだ、、、私。

しかも、久々に流し読みやってね。
結構ストレス発散。
ちなみに流しで調べていたもの。

検索内容 「ドイツ 1920」「ドイツ 世紀末」「ミュンヘン」「ミュンヒェン」「ドイツ 20世紀」「ロケット 歴史」「ロケット」

どこまでいっても、ここ(鋼)から逃げられない、、、


いや、マジでね。
ちなみに、そこで重要な資料を発見!うはうはしながらコピーしてきました。
うけけけけ
とにかく、それだけでページ換算5ページは堅い。
あと、当時のミュンヘン在住だったジャーナリストとかそういう人も発見。うけけ、いいぜよ、、、。



あ、それから某方々へ。
1923年当時のミュンヘンは、とぉっても物騒だったそうですよ。
憎まれ口に「お前の宿はミュンヘンで探しておこう」と言われるぐらい治安はよろしくなかったそうです。
・・・案外、ハイデも腕っ節は強かったのかもね(非もっさり発言?)


あと、大学所蔵でフォン・ブラウンの論文があった。
オーベルトさんのもあった。
・・・文系なのに、よくあるね、、、、、。
それと、これもネタとして使えそうだと思ったのが。
一番最初のロケット草案の論文?はまるで錬金術書みたいです!
イラストもそんな感じで、、、。
なので、エドワードさんがロケットの研究も錬金術の研究ノートみたいに書いてて、ハイデがそれ覗いて「・・・(汗)」とかっていうのもアリ?!とか。
それとか、ちょーっとエドワードにお馬鹿になってもらってそのロケットの本を持ってきて「もしかしたら!!!」とか言って本気で解読をしてたりとか、、、あぁ、笑える!!!
笑えるけど、これヴィジュアルの方がいいよ!
エドがうんうん、唸ってみている本が気になって覗き込むハイデリヒ。
その本を見て、固まるハイデリヒ。
エドは固まっているハイデリヒに気づきません。
うんうん、唸り続けてます、、、。
ちなみに、このどこを絵で見たいかといいますと。
エドが覗いてる本の挿絵ですね!
まんま、錬金術書の挿絵だよ~~~
うけけけけけけけけけけけ

・・・まずい、これで一本いけるかも?
もうちょっと広げて、当時の怪しげな本のタイトル列挙、、、(笑)



しかし、、、。
まさか私が経済の本を手にもってニヤケル日がやってくるとは思いませんでした、、、(1923年の物価が書かれている本発見)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/375-e53beda2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。