スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくらのウォーゲーム! 

すごかった。
しかし、なんだね。あの時の感動とはまた一味違う。
シナリオは、正直に「あはは」
いや、パソコンに詳しくなってしまった現在ではあの子ども時代に見たときの「すごい!」っていうのがやっぱりなくなってしまう。
それよりも凄かったのは。

画質クオリティ。

前回、デジモン02を見てシャンバラすげぇって書いたけど。
これもなかなか。
観ていて気になる崩れ方はしていない。
それにやっぱり何度でも「ぷ!」と笑えるのは健在。
ちょっとDVDが欲しくなりました。
あと、エンディングなのですが当時ピアノで妹が弾いていたのを思い出し。
弾きてええええええ!と発狂しそうに。
あれ、すごく伸び伸びしつつ早いところはすごい流れていくから。
あれを弾ききったときの快感はなんとも言えない。
いっそのこと、カラオケでもいい。あの歌、歌いたい!

2回目の、つまりラストウォーゲームだったんだけれど。
すごいことになってました。
20分前に映画館に戻ると、、、そこには。
人の列!
何これ、何これ!!!
ちょっとシャンバラもこうだったの!?と私かなり驚く。
女の子、、、というか女性が多かったんだけれどその中にまぎれるようにして男性が。
・・・どうかんやまきかくさんじゃないかな?と少しドキドキ。
とにかく、玄人的な男性の方々が単独で来てらっしゃいました。
本当にすごいなぁ、それだけこの作品が愛されてるんだと思うと一ファンとして誇らしく思えたり。

席に入るとそこはまた、すごかった。
劇場が大体埋まってるのです。
真ん中の席はほとんど、左右の席も一列に一人ぐらいの割合だけど埋まってる!
すげぇ!ちょっとシャンバラより入ってるんじゃないの?と不安になる。
そこは、ほら。私はシャンバラ大好きですから。
今の私の中じゃ不動の一番ですから。


今回は特に妨害もなく。
静かに見れましたが、みんな同じところで笑う。
結構大きな声で笑ってましたが、私はそれが嬉しかった。
というか、みんな笑うところが同じっていうのがすごい!
なかなか、そういうのってないと私は思う。

しかし。
やっぱりというか、ちょっとだけ内容が臭かった(笑)
いや、私ジョグレス進化の時に世界中の子どもたちのメールがデジタマみたいになるっていうのは覚えていたんだけど。
・・・そこから人影が出てくるっていうのはさすがに覚えてなかった。
うわああああ!なんだかこういうの、大きくなってからトラウマになりそう。だって、覚えてるんだもの、自分がこのシーンで感動してたっていうことを。
ちょっとザワザワと来ました。
あー、でもやっぱり光史郎はいいね!私、光ちゃん大好きだ!

キャラの描き方が本当にうまかったなぁ、、、とこれを観て思いました。
現在の子どもをかなり描写できてるなぁと。
私は、もう当時「こんな子ども、本当にいるの?」と疑問に思っていたんだけど(それはただ単に私が田舎者で、そしてあのHパパンとRママンに育てられたために現代っ子とは違う進化を遂げていたためでした)今、見たら納得だよ。
幾分、都会の方に出てきてボランティアで小学校のイベントに参加したりして実感しました。
・・・いやぁ、マジで凄いなぁ。
当時あの人数は多すぎるんじゃないかって思ってたけど。
はああああ、凄い。
もう、文章にするのが億劫なくらい凄いとしか言いようがない。


しかし、なんで一緒にディアボロモンの復讐をやってくれなかったかな映画館。
夏のデジモン02も確かにいいかもしれないけど春の映画と組み合わせるなら春同士がいいよ!!!
私は「ぼくらのウォーゲーム」に続き「ディアボロモンの復讐」を続けて観たかったよ、、、、、。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/247-8a70849b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。