スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストシャンバラ感想 

完全に酒抜けました。

渋谷にてラストシャンバラの上映がありました。
私はシャンバラのラスト上映の前に上映される作品「デジモンアドベンチャー02」を観るためにその時間に間に合うように家を出た。
少し迷いそうになりつつも地図を見ずに映画館へ到着。
さすが、渋谷に校舎がある大学に通ってるだけある!と自分を自画自賛<嘘、私を道玄坂方面に遊びに連れ出してくれた学友に感謝

映画館は、なんというか。
私の地元である東松山の某施設を彷彿とさせるものでした。
うわ、電気器具を使わないでチケット手渡しだとかスクリーンがちっさいとか。
でも、さすが渋谷にあるだけのことはある!音声は綺麗だし、スクリーンも綺麗!!
渋谷の喧騒は全然入ってこないし(それは映画館とし当たり前?)本当に感激!
待合室もおしゃれで、しかも白い壁にプロジェクターで画像を映し出してるの!
すげーすげーすげー!かっこいい!!
渋谷って人はあまり綺麗とかかっこいいとか思えないけど(どちらかというと汚い部類に入るかもしれない)建物の外観だとか内装だとかやっぱり凝ってるよね。ちょっともっと渋谷探検をしてみたくなりました。せっかく渋谷に校舎のある大学に通ってるのだもの、それぐらいしなければ!!!(そうして留年したら笑えないけど)
服のセンスは上げようにないけど(センスを上げたければまずダイエットして着れる服を増やさなければならない)そういう文化面のセンスを磨いたり、観察するのにはうってつけだと思った。

結局、デジモン02には無事間に合う。
ところでそのデジモン02の前は当然シャンバラが上映されていたわけで。
出てくる人がいた。
えぇ、めっちゃ見覚えがあるお顔、、、、。
えと、27日アキバでも会いましたよね?というわけでTさん改めSOさん(ブロガーナイト参加名を変えられた)と待合室でばったり。
由「え、まさか、、、観てました?」
SO「えぇ!もちろん」
由「うわ、お早いことで、、、」
と脱帽。・・・私も今日は何もなかったんだから朝から来ればよかった!!!
その後すぐにデジモン02が始まったので私はいそいそと劇場の中へ。
わーい!ウォレスぅううううじゃねぇよ、これハイデリヒだよ。
・・・デジモン02夏の映画は金髪碧眼の少年ウォレスの幼少期の映像から始まります。
えぇ、ハガネノココログの聖部さんに洗脳されてました私は(ごめん、語弊。多分聖部さんが書いてなくても勝手に私はウォレスをハイデリヒに変換したよ)見事、
 ハ イ デ リ ヒ の 幼 少 期 と変換しました。
もう、止まらないぜ。オレのミュンヘンロード!
もう、その後はうへへへへへと。

しかし、この作品はウォレスで萌えただけで内容をすっぱり忘れていたのですが。
忘れてた理由がわかりました。
そして、あの時の私がフェイバリットムーヴィーの一つにこれを挙げなかったかも、よおっく思い出しました。
あぁ、光ちゃんの超不思議な能力全開だ、、、ここまで光ちゃんの直観力に頼ったシナリオは、、、あったかもしれないが(笑)顕著にでちゃってるシナリオはこれ以上のものはないだろう。
うわわわわわ。どうしてだろう、あの時は内容が心に残らずとも最後まで素直に見れたのに。
今じゃ、むずがゆくてしょうがない、、、。
特に光ちゃんが出てくるとむずがゆさが、、、、。
あれ、私光ちゃん好きなのになぁ、、、。
でも、やっぱり泣ける場面は泣けました。いい映画には違いないのだろう。
でもなぁ、、、これをやるよりも春の映画を二本やってほしかったなぁ、、、デジモンぼくらのウォーゲームとディアボロモンの復讐。
これって二つがセットという認識が強いからなぁ。
なんでぼくらのウォーゲームとこれだったんだろうなぁ、、、。

ところでデジモン02だが、外見だけでウォレス=ハイデリヒと変換した私は見ていくうちに認識が変わっていく。
あれ?花畑に行けばチョコモンは元に戻るはず、、、と言ってグミモンの言葉を無碍にするウォレス。
・・・まるでそれは兄が死んだということを周りの人々に言われて「兄さんは死んでない!」とがんばって鋼の錬金術師のコスプレをする弟のアルフォンスそっくりではないか!!!
しかも、ハイデリヒよりはアルの方がウォレスに年齢が近いため、どんどんどんどんウォレスがアルフォンスに見えてくる。
あげくにはグミモンがハイデリヒの役割に見えてきてしょうがない(爆)
しかし、こうなるとチョコモン=エドとグミモン=ハイデリヒが兄弟に(爆発)
どどどどど、どうしよう!
それはどうにもいただけない私は一生懸命グミモン=ロンドンエド、チョコモン=兄さんと変換しようとする(ここまでくるといっそ滑稽だ)
しかしグミモンのあの幼さはハイデリヒの純真さを現しているようですげぇ美味しい。ぐぐぐ。
そんなこんなでキャラを入れ替え差し替えを何度かしつつも、デジモン02映画は終わった。しかし、あれだな。これもう6年も前の作品というわけですが。
シャンバラと比べると凄い技術の差が。というかそれだけ凄い力を入れて作られてたんだなぁシャンバラと感心した。
それに比べて、デジモンは春と夏に公開するというハードスケジュール。
テレビより少しだけ長いっていうものになってしまっても否めないところがある。
だから、しょうがないということもあるのだろうけど。
うーん、やっぱりシャンバラすごいなぁ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/238-3c8b83a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。