スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本沈没 

疲れてます。しかし、映画鑑賞したので忘れないうちにレポします。

今日見た映画は日本沈没。
・・・けしてゲドやブレイブじゃないよ?
確かに明日のためにブレイブ見たかったけどさ。
でも消化しきれてない前売券が、、、
それに連れのTさんは既にブレイブを一度見てるから違うのを。
パイレーツオブカリビアン見たいねぇ、、、と言ってたが時間があわなかった。
ゲドと日本沈没とが時間に合ってて。
しかし、今日はレディスデイではないから失敗はしたくない。
もし、これで失敗したら泣くに泣けない。

日本沈没は内容は正直、苦手だった。
私は、どうも物が破壊される映像はダメだ。
ましてや、愛着を抱いてるものに対して。
私は、日本人は苦手というかぶっちゃけ嫌いです。
閉鎖的で排他的。許容し柔軟性に満ち溢れているはずなのに。
それを見せることのできない今の日本人は嫌い。だからと言って私が立派な日本人なのかといわれたら否だけれど。
だが、やはり私は日本に生まれて。風が、大地が、河が。日本独特の季節が。
私を育んでくれたことを知っている。
私が、私自身が構成するものに不可欠なものだったと、、、知っている。
その自分を構成している部分の喪失は大なり小なり衝撃があるもので。
私はほとんど人と交わってこなかった。本来なら、その人との交わりも重要な自身の構成要素である。
しかし、私にはそれがほとんどないのだ。それを補っているのは日本の風土に対しての愛着なのだ。
そのことをこの映画を見て、自覚した。

大地が、崩れていく。
それは肉が裂かれること。
河が裂ける。
それは魂を引き離されること。

日本が沈むこと。
それは私が消えること。

と、携帯でポチポチ打ってましたが案の定アップには時間が。
もう、ダメポ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/210-f11f1daf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。