スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の鋼の錬金術師! 

12日早朝には既に読んでいた。
読んでいたが即日更新されなかった理由。
それは、唯一つ。

お台場冒険王に行って疲れてネットにさえ浮上できなかったのです。
前日は祭りに行って、なんだかわからないうちに
映画館にまで引きつられて行ってしまったために本気で疲れてました。


さて。
本題に入りましょう。


やっと。
やっと、、、。
エドーーーーー!!!(感涙)
主人公が画面に戻ってきました!
よかった、よかった。このまま焔の錬金術師になっちゃうかと本気で心配しておりました!

しかし、あまりにもきつくて。
悲しい想いが、残る。
ちょうど、もうすぐ終戦記念日がやってくる。
だからこそ。だからこそ。
戦争のことを考えるこの時期だからこそ。

国のありかたとか、人としてのありかたとか。
重すぎて、重すぎて。

正直に書こう。
今回は、早すぎた。
すごい、早すぎた。
ここはもっと描きこんで欲しかった。
腰を据えてほしかった。
もしくは、すっぱり過去の背景は描かなければ良かったと思う。
たんたんと、会話とそのシーンの再現映像でとどめて置くべきだったと。
内乱時のことを描くのであればすっぱりいっそのこと「焔の錬金術師」を書くべきだったと。

伝えたいことが多いことはとってもわかる。
でも、ここまでくると生き急いでいるように感じないでもない。

わかってます、私は一読者で作者さまのことなんてわからない。
作者はそれ以上に何かを考えて描いているとわかってる。
けれども、ファンとしてはここでこう、本当、、、。

つぶれないで!!!!

と。同じ道産子ということもあり、その想いが強いのです。
(まぁ、私は親から「道産子ちゃう」って何度も言われてるけど)
(んじゃ私はなんなんだ?埼玉っこ?と言ったら団長がいやな顔をした<団長は生粋埼玉っこ三代目)


もしくはもっと小出しにしていいから!(爆)

グラマン将軍のこれからのご活躍を楽しみにしつつ。
第一回「夢の先」感想文を終わりにします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/207-4f9c7648

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。