スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける少女 

見てきました。やばかったです。えぇ、明日終了の劇場がたくさんです(泣)
すっとぼけてて昨日まで「まだまだ大丈夫でしょ~」とか余裕に思ってて時間を調べたら、、、!
よかった、調べて!!!
結構人は入ってました。
内容はスタンダードな時をかける少女でした。
まみさんは筒井氏の本を読んでて前売り券持ってるねんと話したら「未来人・・・」とすばらしくネタばれ。
まぁ、まぁいかんせん文章表現能力が著しく低いまみさんのことでしたのでさっぱりわからなかったのですが!!!<いやまみ自身の記憶があやふやだったということも多大にあったのだろう

内容はふとしたきっかけでタイムリープができるようになった少女真琴が好きなようにタイムリープをエンジョイ。しかしそこへ友人の色恋に巻き込まれ・・・また自分が好きなようにタイムリープをした結果、引き起こしてしまうことを必死に清算しようとする物語である(違)
最後には未来人が出てきて、、、!!!ちょうどこの部分をまみは覚えてなかったので私は知らずにいれたってことがよかった。ちょっとびっくり。ただ予想の範囲内ではあった。
あと、やっぱり私は深夜に「時をかける少女」のドラマを見てたっぽい。少しだけ内容が違うが理科室のシーンがそっくりなのをビジュアルとして覚えていた。
もっと怖いイメージがしていたんだけどね。
さて、内容は万人が知っているだろうからこのアニメについて。
さて、タイムリープシーンはまんま、「デジモンアドベンチャーぼくたちのウォーゲーム」でデジタル空間です(笑)
いや、私は好きだからいいのですが!ただ、まんまだなぁ、、、ニヤニヤとしていただけです。
あと、ポスターとか見ててキャラデザの印象がかなりびっしりこびりついていたが絵の動かし方は細田守氏だった。特に表情はデジモンを彷彿と、、、って私は細田守氏の映画はデジモンしか見てないので比べるものはそれしかないのですがね!
しかし、時間軸ものを描くのがすばらしくうまい人ですね。デジモンでも時間の流れを描くのがうまくてドキドキハラハラ感を引き立てていましたがこっちはなんというか加速度をます物語をうまく表現してます。
あと、絶対にこれはどこかにあるはず!というショットもたくさんありました。これはきっとどうかんやまきかくさんがきっと探し当ててくれるはず!と願ってます(他力本願)
いや、だって私は某市だけで手一杯です。あそこで例のアレを発見しなければなりません。
その後はエルリック教授の物語を書かねばなりません(爆)誰も望んでなくても書くのです。しかしエルリック教授の物語、出てくる人々がほとんどオリジナルなんだけどね。
こう、なんというか。エドワード・エルリックがこの世界で遺した意志がどのように残っていくのかっていうのを描きたい。
ほんとうなら、それはあの子どもたちを主人公に描くのがいいのだろうけどそれはきっと私でないすばらしい書き手がいると思うの。夢を書いているからこそ、新たな登場人物を入れることに拒否感を抱かない私しか書けないものがあると思うから。

って内容が逸れた。
とにかく、内容的にはとても面白かったです。
女の子の身勝手さっていうのがすばらしく描かれていて。
そうなのよ、そうなんだよ!女の子はどちらもとれなくて身動きがとれなくなっちゃうことがあるのよ!!!私はあんまり経験したこと、ないけど(THE寂しい奴)
その、なんというか甘酸っぱさがなんとも言えずいい!
男の子からみるとああいうところが嫌だ~って思うかもしれないけれど。
あと、乙一さんが書いていた「のび太泣き」はよかった。うん、でもトトロのメイとサツキがいるからね!!!
あと、あれは渾身のなんだろうけど真琴の息遣いが少し気持ち悪い域に達していた。あそこはもうちょっと軽くてもよかった気が;;;
だって、やりすぎだよう!死んじゃうんじゃないかってぐらい「はあはあ」って。
うわあああん!
それ以外は私は軒並み高評価。
しかし、これがきっとその後に始まったタイムとラベルの原型の物語だったんだなぁと思うと感慨しきりである。
時間があれば原作に挑戦してみたい。しかし、その前に私は細田氏の絵コンテを手に入れたいのだけれど。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/192-245f206a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。