スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年陰陽師~冥夜の帳を切り開け~ 

少年陰陽師~冥夜の帳を切り開け~ 結城光流

あー、、、実はまだブログに読了と感想を書いてない少年陰陽師が2冊あります。
あとで、書こうと思っているが、、、

今回の本は天狐編の第二弾!
・・・だれ、第三弾だっけ???

えー、実はちゃんと読んでない。
多分、ここらへんが重要っぽいっていうところを拾い読みです。
ただ、横になって右目だけを使って左目を閉じた状態で読んだので何かがせり上がってきて奇妙な寒気はなかったのですが。
ちなみに今日も大学の講義があったのですが体温が37度5分以上あったため断念。
・・・かめにうつつを抜かしているからこんなことに!!!
あぁ、感想感想。

じーちゃんが死にそうです(喀血)
あーう、あーう、じい様死なないでぇええええ!!!!
という昌浩の叫び。うん、やっぱりこの子はじいちゃん子だなぁ。
じいちゃん、死にそうで。そのことばかりに気を削がれてる孫は今壮大な三角関係に組み込まれていることに気づいておりません!
うーん、ここまでくるといっそ気持ちがいいほどの鈍感さです。
そりゃ式神さんがたも心配になってくるさ・・・。
・・・おかしい、昌浩の方が人間のはずなのに
式神の方が人間を知っている?!

彰子がすばらしいです。かわいいです。愛いです。
しかし、兄上が撒き散らした「昌浩の将来の妻」っていうのは最終的に二人が結ばれるのを小説として描いてくれるのか?
というところに私の関心は集中してます。
あと、十二神将と昌浩の関係はどうなるのか?
やっぱりじい様亡き後は昌浩の式神になるのか、それとも還ってしまうのか。
物の怪は昌浩が否と言っても絶対に離れないと思われるが。
・・・というかじい様が亡くなった後の青龍がどうなっちまうのか、、、

やっぱり本調子じゃないな、文章がいつにも増して粗悪だ。
耳鳴りもひどくなってきた、、、もう、寝よう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/141-0aa43c5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。