スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年陰陽師~うつつの夢に鎮めの歌を~ 

少年陰陽師~うつつの夢に鎮めの歌を~ 結城光流

少年陰陽師の初の番外編!短編集が4つも入ったお得な文庫でした。
しかもいつもより厚いしね!
ワクワクとせかせかとした感じで読みました。

霧のまがきを吹き払え
「まがき」っていう漢字がでません・・・
そしてその漢字が別の音でどう呼ばれているか私はわかりません。
・・・
痛いなぁ、これってとっても痛いんじゃないの?
一応文学部史学科だろう・・・
それはさておき。
これ、すっごいです。こう、私のつぼにフィット!!!
そう、私はぼとりと落ちてきた白い物体にメロメロになっちゃいました。うふふ、うふふふふふ。
その、体型も私の愛猫にそっくりだから好きだったが
出現のその仕方!!!
もう、これ、、、あぁ、ノックアウト~(カンカンカン)
これは映画「陰陽師」(あぁ、すっごくはまっちゃって本とか買ってたなぁ、、、あの頃)に便乗して特集を組んだ際に発表された作品らしい。
・・・もしも、あの時この本を手に取っていたら私は完全にどっぷりつかっちゃってたね!
そういう自信だけは軒並みあります。
しかし、この文庫以後のストーリーで巧みに出会ったシーンを回想する場面がいくつかあって、それがまた涙をさそう!
この物語だけだと冒険談なんだけど、その後のことがあるから・・・
風音編を読み終わったら、冒険談よりももっくんと昌浩のなれそめのような気がしないでもない物語です。


朧の轍をたどれ
車之輔、大活躍!そしてとうとう憧れの式に!!!
いや、もうこれしか言葉が。
あ、こういう風にもいえるか?
昌浩!初めての式を得るの巻
・・・なんか違う。やっぱり最初に書いた車之輔のキャッチフレームがいい。
車之輔の活躍もまたすばらしいのだけど、何よりも素敵だったのは妖の朧車にぴょーんと轢かれてしまう、白い物の怪!!!!
その様は、もう想像しただけで、、、、(悦)
そしてそれにすっごく怒る昌浩もまたかわいい。
そして本来素敵という言葉はここで言うべきだろう、車之輔に立ち乗りをしつつ、印を組み、朧車を追いかけろ!といった昌浩。
ここのシーンが挿絵になっていたのも拍車をかけてます。
本当に、素敵だわぁ、、、、


うつつの夢に鎮めの歌を
これは文庫のタイトルにもなっていて、また中でも長いもの。
話の核となっている。
また表紙もよくよく見るとその物語にあわせているのですよ。
本を読み終わってからようやく気づいた私はやっぱりなんというか・・・目がないというか。
この物語もとっても素敵。彰子さまがかわいくて、でもそれだけではなくて。本当に美しい人だなぁ、、、と実感。
珍しいよね。いつもはどこかしら昌浩とっちゃいやーーーー!と思うのだけど、この子と昌浩は二人で一人のような感じで。
すごく好ましいこと、この上ない。
本当に、二人には幸せになってほしい。
この物語の私のジャストミーーーートはもちろん。
雑巾がけをする、白い物の怪。・・・うちの白いホルスタインもやらないかしら?
あとは、雑鬼の面々。かわいい。かわいいよぉ!しかも私がやりたいからかいを私の代わりにしてくれるんだから!!!
それも、また嬉。


玉箒は愁いを祓う
これは清明の孫を思いやる気持ちが素直にでている内容。でも少し寂しい物語。たかお神とお酒を交わす清明。
・・・そこから既に人間ではないような気がしないでもない。
しかし、神にまで頼むということは清明もすごくすごく心配なんだろうなぁ、、、と思うと胸が。
また、情景が美しすぎてなんだかクラクラしました。
文章を読んでクラクラするなんて(笑)
しかし、これがまた、これからの物語へのプロローグとも取れるような作品です。

総合してすっごく、心がほんわかとするものでした。
風音編を途中まで読んでいたからこそ、特にそう感じます。
最後の清明のやつもあることを予兆しているような気がして・・・
あぁ、続きが読むのが怖い。怖いけど読みたい!
図書館からはやく連絡がこないかなぁ、、、と待っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/134-779a5442

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。