スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝起きて 

今日は異様に早く目が覚めました。
それこそ、久しぶりに部屋の掃除をすることもでき、お弁当も作り台所も綺麗にして、燃えるごみを収集場所に出してきて。
そしてゆっくりごはんを食べることができるほどに。

ここで一つ、悲劇が。

昨日、作った缶詰コーンスープの素と牛乳を混ぜ合わせたスープ。
寝る前に、火を入れて。味を見て、そのときはちゃんとした味だったのに。
私が寝ていた4時間の間に腐りやがりました。
・・・orz
あぁ、牛乳、、、何より秘蔵だった缶詰コーンスープの素。
ここでかなり凹む。しかもその腐ったスープに火を入れてそのスープの香りを嗅いで、気持ち悪くなり昇天しかける。
・・・いけね、いけね。今日は行かねば。
楽しいS先生の授業がありますもの。

そういうことを一生懸命に考えながらうんうん唸ってましたら実家のRママンから電話。
めっちゃ珍しい。何があったんだ、、、数秒エド猫に何かあったのかと恐怖に戦く。
内容は、、、予想通りエド猫のことでした。
しかし、私が考えていたようなものではありません。

・・・やってくれました。
えぇ、エド猫は頭のいい猫だと散々言ってきましたが。
ここでますますその飼い主バカにさせてしまうようなことをやってのけたのです。

エド猫の兄弟猫のアル猫と兄弟の小姑であるチロ、そして臆病者だが結構猫同士だと優しい?セイは一緒にごはんを食べさせています。
エド猫だけ隔離し、別メニュー。要するに病人食を食べさせてます。
他の三匹が食べ終わるまで別の部屋に閉じ込めておきます。
しかし、今日は・・・・
Rママン「あら?アル、また食べてるの?さっきもいっぱい食べたじゃない」
黒い塊がえさを盛り付けるお皿にくっついていた。
Rママン「・・・?アルにしてはこじんまりと、、、ってエド?!」
そうなのです。別の部屋で閉じ込められているはずのエド猫がなぜ、ここに!?
彼は、前からドアを開ける名人でした。
しかし、それはこういうタイプのもの限定です。
しかし、今回エド猫の開けたドアはこれ
・・・しかも閉じ込められている部屋からドアは内側に開きます。
・・・・・・どんな職人芸だよ!?!?
だれも、空けたという人は一人もいません。
いくら泣いていても、病猫だからと心は既に鬼です。
なのに、なのに、この猫はぁあああ!

Rママンいわく、エド猫はめちゃくちゃ賢い!それに比べてアルちゃんは、、、、(ため息)だそうだ。
いや、うん。
エド猫、すごいけど。本当に隔離するとなったらゲージが必要ですね・・・。
というわけでプラケージをネット通販に注文!
直接実家に届くように設定。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/133-1045dc9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。