スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きて帰ってきた 

こんばんわ、かなりのご無沙汰の夢見です。
えーなぜ、ここまでご無沙汰になったかというと。

えぇ、例の授業の調査実習に行ってたのです。
んで、最終日にやってしまいました。
・・・うふふふふふ(思い出し泣き)
人生ではじめての入院をしてきました、、、。


三日目は田植えだけだと思ってたのですが、なにやら変更があり調査が終わってない部分の続行と残った数人で「枝きり」を体験することに。
「枝きり」っていうのは杉の下の部分の枝を切り落とす作業です。
そうすることで杉は真っ直ぐに伸びていくことができます。
しかし、なかなかこれは人員が必要な作業でして、過疎化と高齢化しているこの村ではなかなか出来なかったのですね。
んで、ちょうどいい、大学生が来たんだやってもらおう!!!ということになったみたいです。
最初は男子だけということだったのですが私がふくれっ面をしたがために男女混合で体験することに。
後々、これがどういう事態を招くかはその時私は思いもつかなかった。
最終的に私ともう一人のクラスメイトの女の子、他は男子ということで「枝きり」体験開始!
最初のうちは楽しかったのです。
えぇ、本当に。私、基本的に外で活動することは大好きですから。
しかも山とか川とか大好きですから。
木をのこぎりで切るのも大好きです(爆)
しかし、その木に逆襲をされたのです・・・
やつは結構な太さのある、切り応えのある立派な枝だった。
私は渾身の力をこめて最後の引きを引いた。
奴はばさりっと音を立てて落ちた。
しかし、やつは最後の力を使って私の後頭部に己の一番固い部分をぶつけてきたのだった!!!
ぐわあん、ぐわあんと頭の中で鐘がなる。
視界が狭くなる。
そんな中、H先生が近寄ってきた。
その手にあるのはデジタルカメラ。
にっこり、H先生。
「せんせーたすけてー(情)」
デジカメをかまえて。
「そのまま、そのまま」
ぱしゃり。
「せーんーせーいーーーーー!!!」
その写真は未だに先生の手元にある。
私はその写真をいただく予定だ。
そしてこのブログにのせちゃる!!!

あ、でもH先生は面白がって写真撮ってたわけじゃないのよ。
先生曰く、「もしものとき、医者に見せようと思って・・・」
うん、一応その言い分、真実ということにしておきます。

次回「入院までの道」へ続く!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumemidoh.blog64.fc2.com/tb.php/113-ea3a6850

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。